2015年08月19日

専業主婦にエステはぜいたく?きれいは元気の源です

専業主婦の皆さんは、美容代はどのようにやりくり

していますか?

      717.jpg

女性はいつまでも美しく若々しくいたいという願望は

あるのに、夫の稼いだお給料で自分の為に使うのはと

ちゅうちょしている方がいらっしゃるのではないでしょうか。


心と体は連動しています。

過度なオシャレは考えものですが、清潔感があると、

それだけで周りにもよい印象を与えますよね。

子どもが小さいうちは、自分に手をかける時間も少ないですが、

最近の若いお母さんは、とてもおしゃれで素敵な方が

増えたような気がします。


雑誌やメディアの影響でしょうか。

それだけでも、女性としてのハードルが上がったと

ひそかに焦ってる次第です。


家電の発達で、家事労働負担が減ってやれやれと

思っていたら、今度は女性として美の追求の時代が

やってきたように感じる今日この頃です。


子育てもそうですが、美容に関しても手をかけてやる

必要がありますね。

今は、10代からというより産まれた時から、スキンケアに

ついて雑誌で特集されていますね。


昔と違って、大気の変化も大きくオゾン層の破壊されて

いるので、肌への影響も大きいのでしょうか。


大人の女性の場合、単に清潔感さえあればよい、という

印象でなく、そこに若さと美が加わっています。


現在の女性は、30代なら20代を、40代なら30代をと

実年齢より10歳の若さを目指した特集が多いと感じます。

若い頃はあまり感じませんでしたが、20代の頃のお手入れは

大事だったなあと40代になって実感しています。


私は、共働きで比較的余裕があったにも関わらず、あまり

美容に意識はありませんでした。

気になりだしたのは、子どもを授かってからです。


周囲のお母さん方が、きれいなのです。子育てして仕事して

忙しいはずなのに、きれいなのです。

気にするようになったので、化粧品に目が向きました。

有名ブランドの化粧水を使うようになり、優雅な気分になりましたが

毎日の生活にいっぱいいっぱいで、いつしか元通りになりました。



30代は暫く、美容に気を使うことなく、清潔さだけを保って

いました。美容にまた興味を持ち出したのは、夫がお給料を

入れなくなってからです。

何だか、生活に苦労して年齢を重ねて悲しくなったんです。

自分の為に、きれいを目指そうとたまたま出会ったエステに

お試しで通うことにしました。


お金は余裕はありませんが、いろいろ工夫をして必要経費として

捻出することにしました。


専業主婦でもエステや美容にお金をだすのは贅沢ではありません!!

世の中の女性が美しくなって、活き活きすると周囲も元気になります。

家族も明るくなりますよ。



自分に手をかけましょう。在宅ビジネスで美の追求を♪

posted by チェミニー at 22:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 不労所得・権利収入の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。