2015年08月25日

専業主婦に稼ぐ力は必要ありますか?

専業主婦に稼ぐ力は必要なんでしょうか。

どんな理由であれ、専業主婦と聞くと、何だか裕福で

ゆとりのあるイメージ浮かびませんか?

      7171.jpg

ドラマや、ハウスメーカーのCMを見ていると、

専業主婦の家庭でも、子どもを幼児教育に通わせ、

食事も家族団らんの様子が描かれています。


夫の収入しかないはずなのに、住まいは一軒家。

時々、カフェでランチしたり自宅に招いたりと

時間の流れ方がゆっくりに思います。


毎日バタバタと仕事をしている私には、夫も妻も

すごいなと思います。


只、専業主婦の家庭は夫が稼ぎ、妻は家を守るという

日本古来の役割がきっちりとなっていて、それはそれで、

良いときはいいのですが、そうではなくなってしまった

時はどうなるのでしょうか。


妻は家事育児を役割分担として、日々過ごしています。

そしてそこに金銭価値が見いだされることはありません。

家の事は全て妻ですので、夫は自分の下着がどこにあるか

さえ分かりません。


こんな経験ありませんか?

妻であるあなたが外出をするとき、夫の必要なものや

食事は全て段取りをし、夫が困らなくて済むように

準備をして出かけます。

これって普通なんでしょうか。


妻がいれば、夫である人は自分の意思をくみ取って

もらい、不在で不自由しようなものなら、妻の外出を

快く思わないこんな状況は今でもあるのです。

先日のある新聞記事の特集にこんなことが書い

てありました。

専業主婦である妻が、ある時ふと考えました。

何でも「おい」という夫の意思を組み、夫の

世話をしてきました。確か50代のご夫婦の

話でした。


そこで、妻は自分がいなければ夫は何も出来ない。

夫が自立できるように、離婚を考えました。また

考えました。今度は妻である自分の稼ぐ力が無いことに。


妻は、離婚を考え始めてから、仕事を探しました。

年齢は50代でしたが子育ての必要がないので、

時間の融通はききました。


じっくりと時間をかけて、自分で稼ぐ力をつけ、

夫からの取り分と合わせ自分で生活できる状態に

してから、離婚を成立させました。


この記事を読んで、どう感じましたか?

役割分担は、効率的で良い面もあります。

ですが、この役割分担が機能しなくなった時に、

各々の生活が機能しなくなるのです。


専業主婦だからと言って、稼ぐ力が必要ないと

考えていた方、稼ぐ力は必要です。

家事と同じで、自分で得るべき力なのです。

     7171.jpg

今回の新聞記事では、離婚に至る内容でしたが、

結婚を継続している中でも、稼ぐ力を少しずつ

つけましょう。これは生活力なのです。


専業主婦でも稼げる?!力がつく不労所得ビジネスです。

posted by チェミニー at 00:17| 大阪 ☁| Comment(0) | 不労所得・権利収入の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。